大学受験を目指す生徒さんと保護者の方へ

大学受験を目指す
生徒さんと
保護者の方へ

大学入試は最後の受験です!
悔いの無いよう、
最適なやり方で、
どうか
チャレンジしてください!

私大受験専門メガスタディのサイトにお越しいただきましてありがとうございます!

メガスタディは私大受験を目指す生徒さんを20年以上にわたって専門的に指導しています。
ですので、私大受験を考えている生徒さんの強力な味方になれると思います。

現在、大学受験に向けて成績はいかがでしょうか? 
順調に伸びていますでしょうか?

メガスタディは私立大学受験のみに特化したプロ家庭教師です。
もしも現在、生徒さん自身の成績が期待通りでなければこのページはとてもお役にたつはずです。

どうか続けてお読みください。

多くの受験生が陥っている状況
当てはまることはありませんか?

私たちメガスタディは、20年以上にわたって毎年多くの受験生を大学に合格させています。

ですが、そのほぼ100%の生徒さんが家庭教師を始めた時点ではうまくいっておらず、志望校の偏差値には大きく届いていませんでした。この辺は、成績のいい生徒さんが多く集まる塾や予備校とは大きく違います。
それから、私たちは20年以上にわたって何千人という生徒さんを見てきました。そうした経験をもとに大学合格を目指す受験生が陥りやすい状況、解決したいと思っている事を少し挙げてみますね。

  • (受験)勉強のやり方が分かっていない
  • 勉強してる割に結果が出ていない
  • 不得意教科がそのままになっている
  • 塾や予備校に通っているのに結果が出ていない
  • 志望校対策のやり方が分かっていない、やっていない
少しでも当てはまることはありませんか?
これらは大学受験では、生徒さん・保護者の方から最も多く聞かされる事です。

少子化で子どもの数が減り、一昔前ほど大学受験の競争率は高くはないです。
ですが、依然として大学受験は本当に大変ですし、勉強のやり方や成績(偏差値)は、生徒さんや保護者の方を本当に悩ませています。

そして、「少しでもいい大学に入りたい」というのは、どの受験生にも共通することではないでしょうか?
では、依然ハードルの高い大学受験、こんな状態から抜け出すとしたらどうすればいいのでしょうか?

多くの受験生が通う塾・予備校!
合う生徒さんと、通ってはいけない生徒さん
その違いとは?!

まずは塾・予備校です。
塾や予備校に通うことは、受験生にとっては最もポピュラーな方法です。

ここでよく考えて欲しいのですが、塾も予備校も特殊な場合を除いて集団授業です。集団授業である以上個々の対策はできません。
もっと言えば、どの塾も予備校も年間のカリキュラムが事前に決まっており、先生はそれに従って授業を行っています。つまり、1年を通じて授業の内容が決まっているのです。誰もが知っていることですね。

ですから、塾や予備校に通う場合は、基本的に生徒さんは塾・予備校のカリキュラムに合わせて授業を受ける形になります。生徒さんが授業に合わせなければなりません。
生徒さんがどういう状況であれ、そこに合わせて授業をしてくれるわけではありません。決して批判しているわけではなく、これは集団授業である以上、仕方がないことです。

重要なのはここからです。

塾・予備校のことが少し分かっていただけと思うのですが、ここで少し考えてみてください。

例えば、基本的なことが抜けている生徒さんの場合、まずどういう対策が必要でしょうか?

英語の場合だと、「高校の文法が抜けている」、「単語を覚えてない」、「熟語も不十分」といった場合は、そこを穴埋めしないと先に進めません。長文読解はほぼ無理です。

数学の場合も同じです。理解していない単元、苦手な単元などがある生徒さんの場合は、同じくそこを穴埋めしないといけません。そのままにしておくと入試問題や実戦的な問題には手も足も出ない状態が続きます。

また、英語の場合も数学の場合でも、抜けている単元、理解していないとこ、やらないといけないとこ(志望校が違うので)は、生徒さん一人ひとり全く異なります。
このように、基本的なところが抜けている場合、個別に生徒さんの状況に応じて前の段階にさかのぼって対策をする必要があります。

逆に、基本的なことは充分できている生徒さんは、後は実戦的な問題、応用問題をやればいいのです。こういう生徒さんは、塾予備校で競走した方がさらに伸びると思います。塾や予備校に通うことをお勧めします。
このレベルの生徒さんというのは、偏差値にすると62、63以上といったところでしょうか。

逆に基本的なことが抜けている、志望校に大幅に届いていない生徒さんの場合は、集団授業でなく個別に対策をすべきと言えます。

大学受験で最も
重要なこととは?

それから、大学受験で最も重要なのは、塾・予備校の授業以外の時間をどういうやり方でどのくらい勉強するかです。
重要なのでもう一度言いますね。大学受験で最も重要なのは、塾・予備校の授業以外の自分の時間をどういうやり方で、どのくらい勉強するかです。

理由は簡単です。
塾や予備校で授業を受けている時間より、それ以外の時間の方が多いからです。昔から、塾や予備校に通っているだけでは合格できないと言われていますが、こういうことです。
さらに言うと、塾や予備校ではみんな同じ授業を受けているわけですから、差はつきません。差がつくのそれ以外の時間です。

それから、どのくらい勉強するかという時間も大事ですが、もっと重要なのはそのやり方です。
当たり前ですが、やり方が正しくないと合格はできません。
膨大な時間を正しくないやり方で勉強するわけですから、結果は言うまでもないと思います…

多くの受験生が知らない
受験勉強のやり方とは?

みなさんは、正しい受験勉強のやり方を知っていますか?

  • 「慶応大学法学部に受かるには、どう勉強したらいいの?」
  • 「高3の7月、今何を勉強すればいいの?」
  • 「偏差値が届いていないけど、どう勉強したらいいの?」
  • 「入試直前、今何をすべき?」
これらの質問にすぐに答えられるでしょうか?
ほとんどの方が正確に答えられないのではないでしょうか!

そうです、受験勉強のやり方は、分かっているようで、なかなか分からない人の方が圧倒的に多いのです。

もちろん、受験対策のやり方と言っても色々あります。
なぜ色々あるかということ。生徒さん一人ひとりの状況が異なるからです。

志望大学、学部、今の成績(偏差値)、受験教科、苦手科目、苦手単元、受験までの日数など、生徒さんによって全部違っています。
当然、生徒さん一人ひとりの状況によって受験勉強のやり方は変わってくるのです。

ですから、自分自身に合った勉強のやり方を知り、そのやり方で一刻も早く受験勉強をスタートすることがとても重要なのです。もちろん、自分自身に合った勉強のやり方を集団授業の塾や予備校が教えてくれることはありません。人数が多いのでそこまでは物理的に無理なのです(チューターもいますが、実際に教えているわけではないので、限界があります)。

偏差値の本当の見方とは?

ちょっと話題を変えますね。
偏差値の話しをしてみたいと思います。

皆さん大学の偏差値をどういう風に見ていますか?

ご存知のように各大学には偏差値があり、例えば、「慶應大学・文学部65」、「早稲田大学・法学部66」とか、各大学学部で偏差値がでています。
同じ大学でも、駿台、河合塾でそれぞれ違いますが、各大学学部で偏差値は存在します。

しかし、その偏差値が実はくせ者なのです。
多くの受験生は、偏差値の意味は知っていますが、その偏差値がどう算出されているのかあまり知りません。

簡単に説明しますね。

各大学の偏差値は、その大学に合格した人の模試の偏差値の平均で出されています。
ある大学(学部)に100名合格者が出たとすれば、その100名の模試の偏差値の平均がその大学の偏差値となります(駿台、河合で偏差値が違って出るのはそのためです)。

もうちょっと説明します。
例に出した慶応大学・文学部なら、受験して合格した人の模試の偏差値の平均がその大学・学部の偏差値となります。

ここからが知って欲しいことです。
当然、偏差値の平均で65算出されるわけですから、この大学に偏差値70で受かった人がいるなら、偏差値60で受かった人がいなければ偏差値65にはなりません。当たり前ですね。

つまり何が言いたいかというと、大学の偏差値65というのは、偏差値が65無いと受からないということではないということです。あくまで受かった人の模試の偏差値の平均であって、65に届いていない受験生も数多く受かっているということです。このことを多くの受験生が良く分かっていません。

偏差値のタネを明かします!

まずは、この表をご覧ください。
これは、ある年の某難関大学に合格した受験生の偏差値分布表です。

横が偏差値の幅を表しており、右側に行けば行くほど偏差値は高くなります。

これを見て分かるように、この大学に受かった人の最低偏差値は50以上~52未満、最高偏差値は74以上~76未満となっています。その間の偏差値の人も当然数多くいます。

つまり、これらの合格者の模試の偏差値を平均したものがその大学(学部)の偏差値となっています。
この表はとても分かりやすいと思います。

この表から分かるように、必ずしもその偏差値に届いてなければ受からないということではありません。

もちろん、これはこの大学に限ったことではなく、すべての大学の学部でこのような幅広い分布になっているのです。

参考までに次の表も見てみて下さい。
上の表と同じように合格者は幅広く分布していることが分かると思います。

繰り返しますが、すべての大学で合格者はこのように幅広く分布しているのです。
決して、その大学の偏差値に届いていなくても合格できることがお分かりいただけたと思います。

この表から分かること!
偏差値が届いていなくても
受かる理由!

先ほど、大学入試は必ずしもその大学の偏差値に届いてなくても受かるという話をさせていただきました。
ですが、もちろん偏差値は高いことに越したことはありませんし、やはりその大学の偏差値付近の合格人数が一番多くなっているのも事実です。その辺は誤解のないようお願いします。

しかし、この表から知っていただきたいことがあります。

まず、最初に知ってもらいたいことは、大学の偏差値は模試の偏差値をベースに算出されているということです。つまり、模試(駿台、河合など)の結果が基準になって出ているということです。

しかし、模試はあくまで模試であって入試問題でありませんね。

つまり、何が言いたいかというと、偏差値が届いていないのに合格した人というのは、模試ではかんばしくなかった(できなかった)のに、大学の入試問題は出来た、ということになります。これはこの表からはっきり言えます。

ここで皆さんにお伝えしたいことは、大学入試は実際の入試問題さえ出来れば合格できる、ということです。模試の偏差値はあくまで目安でしかなく、絶対的な指標ではないということです。

志望大学に届いてなくても
受かる方法とは?

続けますね。

ご存知のように、模試には出題傾向はありません(あるのかも知れませんが、分析することは意味がありません)。
しかし、大学の入試問題には出題傾向があります。出やすい分野、出題形式、問題の出し方、問題の難易度、問題量など各大学学部ごとに傾向があります。このことは皆さんもご存知だと思います。

ということは、その傾向を事前に理解し、受験勉強をしていけば偏差値が希望の大学に「届いていなくても受かる」ということが可能になります。
逆に、何も傾向を把握しないままやみくもに勉強することがとても間違っており危険だということもお分かりいただけると思います。
例えば英語で言えば、英語を何から何まで完全に勉強して英語のプロになる必要はないのです(なるのは容易ではありませんが・・)。なにもかにも手を出していては、受験勉強はいつまでも終わりません。

皆さんが目指すのは、英語プロになることではなく、行きたい大学の問題が解けるようになることなのです。ここが重要なポイントです。これさえできれば、偏差値が届いていなくても希望の大学に合格することが出来てしまします。。

ですから、受験勉強もここを目指して進めるべきなのです。

受かるかどうかはやり方次第!

今までお話ししてきたことをまとめます。
大学入試で大事なことは、以下の通りとなります。

  • 勉強のやり方(家庭学習も含めた)
  • 偏差値を上げることではなく志望大学の入試問題を解けるようにすること(志望校対策)
お分かりいただけたでしょうか?
大学受験は、目指す大学も学部も人それぞれ違います。そうなると、出やすい分野、出題形式、問題の出し方、問題の難易度、問題量も違ってきます。さらに目指す本人の学力、不得意教科、苦手分野、受験まで残された期間も異なります。

ですから、通り一辺倒なやり方でなく、生徒さん一人ひとりに合った入試対策が必要なことがお分かりいただけたともいます。

大学受験は、専門家による
指導と対策が必要!

ここまでこのページを読んでいただいている方は、こう思われたんではないでしょうか?

  • 「やり方が分かれば苦労しないよ・・・」
  • 「志望校対策なんて専門的すぎる・・・」
大学入試は、大学や学部によって入試問題の傾向が異なる特殊な試験です。ですから、これをクリアするためには専門性が必要となります。
ご家庭や身近にそういう方がいて、その方の指導を受けられればベストです。しかし、そういうケースは稀です。多くの方が、どういう風に勉強をしていったらいいか迷ってる状態だと思います。

ではそういった方が身近にいない場合、どうすれば良いでしょうか?

答えは言うまでもなく大学入試の専門家に任せることです。

特殊な大学入試は、やはり実績と経験も裏づけられた専門性がなければ、競争率の高い大学入試は突破できません。

なぜ、受験専門の家庭教師が
必要なのか?

受験といったことに限らず、どんな仕事においても、専門家とそうでない素人との差は明らかです。

例えば、専門家はどんな時でも、

  • 「こういう場合は、こうした方がいい結果が出る」
  • 「こういうケースは、こういうやり方で対処すべき」
など、いい結果を出す方法を経験上知っています。

もちろん経験だけがすべてではありませんが、知っているのとそうでないのでは、天と地ほどの差があります。
もちろん、これは大学入試の場合にも当てはまります。同じように大学入試でも専門家がそばにいるのとそうでないのとでは雲泥の差がついてしまします。

繰り返しになりますが、大学受験を目指す生徒さん一人ひとり受験勉強のやり方は変わってきます。
それは、生徒さん一人ひとり状況はそれぞれ異なるからです。生徒さんの性格、今の学力、問題点、苦手教科、苦手分野、さらに志望大学、志望学部まで違っています。

ということは、生徒さんがが10人いれば、その10人に最も合った勉強のやり方がそれぞれ存在します。
私たちメガスタディは、この最適な勉強法で、一人ひとりの生徒さんが大学受験に臨んでほしいと思っています。努力は同じでも、その方が合格しやすいからです。
受験生の皆さんには、報われる確率が高いやり方で勉強して欲しいと切に思っています。

また、ほとんどの大学受験生が、途中で成績が伸び悩んだり、壁に突き当たったりします。
また、時には精神的に不安定になったりすることもあるかも知れません。それほど、受験生にとって受験はプレッシャーになるものです。

そういう時は、頼りになるのはやはり大学受験の専門家、つまりプロ家庭教師ではないでしょうか!

大学入試のベテランプロ家庭教師が指導する生徒さんと、やり方が分からず自己流の受験勉強をしてきた生徒さん。どちらが大学入試合格に有利かは、もう明らかだと思います…

私大受験専門
メガスタディの家庭教師とは!

ここまでお読みいただいて、大学入試対策の選択肢に家庭教師を考えていなかった生徒さん(保護者の方)も多いと思います。
ですので、メガスタディの家庭教師が受験生にどういう指導をするのかをお伝えさせていただきます。

  • 理解できないところ、分からないところを分からせる
  • 生徒さんの状況に応じて基本的なところにさかのぼって指導する
  • 苦手単元の穴埋めをします
  • 受験勉強のやり方を教えます
  • 入試の傾向を踏まえ志望校対策を行います
まとめるとざっとこんな感じです。

塾や予備校では年間のカリキュラムが決まっており、そのカリキュラムに沿って授業が行われていきます。ですので、生徒さんがあらかじめ決まった授業に合わせる形で進んでいくことになります。

これに対して家庭教師(メガスタディ)は事前に授業内容が決定しているわけではありません。それは、授業の内容が、生徒さんを見てから決まるからです。
生徒さんの学力状況、性格、志望大学、志望学部、受験までの期間などをみて、生徒さんに合わせて授業を行って行きます。

ですから、メガスタディの家庭教師は塾・予備校とは180度違う形で授業が行われます。
このことに気づいていない生徒さん(保護者の方)が、けっこういらっしゃいます。

ですので、家庭教師は以下のような方にとても向いています。
  • 受験勉強のやり方が分からない
  • 基本的なことが分かっていない、抜けている
  • 苦手科目がある、足を引っ張っている
  • 志望校の偏差値に届いていない
  • (届いていないが)どうしても入りたい大学がある
少しでも当てはまることがあれば、必ずお役に立てるはずです。
どうか家庭教師のメガスタディを受験の秘密兵器としてご検討下さい!

オンライン指導で
合格できるの!?

皆さんに今回ご案内しているのは、家庭教師のオンラインでの指導となります。

まず、知っていただきたいのは、オンラインでの指導もメガスタディの実績を出している家庭教師が指導させていただくということです。オンラインで指導する家庭教師と自宅に訪問して指導する家庭教師を分けているわけではありません。ご安心ください。

それから、指導のクオリティです。

  • 「本当に来てもらう家庭教師と同じレベルの指導が出来るの?」
  • 「オンラインの指導で合格させてくれるの?」
ここが特に心配されているところだと思います。

説明させていただきますね。
まず、自宅に訪問して指導する家庭教師(従来の家庭教師)ですが、通常は家庭教師は生徒さんの横について指導を行います。そして、家庭教師は生徒さんの顔(表情)、書いている手元を見ながら指導を行います(イメージしていただければわかると思います)。それ以外は、指導上あまり見る必要はありません。

そして、「生徒さんのどこで表情が曇ったか」「分かったと言っているが、顔は自信なさげだった」「どこで書いているペンが止まったか」など生徒さんの状況を顔と書いている手元を確認しながら授業を行っています。つまり、生徒さんの様子を顔(表情)と書いている手元の2つを見ながら教えているのです。

言い換えると、オンラインの指導でも2つが同時に見れれば指導は問題なく行えるということです。

メガスタディのオンライン指導は、家庭教師は生徒さんの顔(表情)と書いている手元の両方を同時に見ながら指導できるシステムを使っています(日本ではメガスタディだけです)。
ですから、自宅に訪問して指導する形とほほ同じ指導がオンライン上でできるのです。

メガスタディオンラインは、可能な限り従来の家庭教師の指導と同じ指導ができるオンライン指導システムを採用しています。このシステムはオンラインで指導する家庭教師のためだけに作られたシステムです。

大学入試の本当の意味!
自分の未来を切り拓いて
ください!

ここまでお読みいただいてありがとうございます。
最後に皆さんにもう一つお伝えしたいことがあります。

大学受験は高校生(浪人生)の生徒さんにとって最後の受験となります。
ですので、とても大事な試験となります。

ですが、大学入試はもっと大事な意味があります。

大学入試は、単に英語ができるようになる、数学が得意になる、日本の歴史が理解できる、ということではありません。もちろん、それも大事です。
が、極論を言ってしまうと、英語ができなくても社会に出て困らないことも多いですし、数学は、特殊な職業を除いてまず社会に出て使うことはありません。さらに、古文、物理、化学・・・使いませんよね。

では、大学入試の本当の意味とは何なんでしょうか?

それは、自分の将来の職業の選択肢を増やすということです。学歴や行ける大学によってみなさんの将来の職業の選択肢が増えることになります。ここがとても大事だと思います。

学歴や大学名で自分の将来の選択肢が狭まることは、避けたいと思いませんか?
もちろん世の中、学歴が絶対だ、というつもりはありません。学歴中心の世の中は終わりかけていることは重々承知です。

ですが、大学に行けるかどうか、どの大学に入れるかによって、将来就ける職業が限定されてしまうのも事実です(医学部に入学しなければ医師にはなれません)。どうか自分の将来のためにこの大学入試という壁は突破して欲しいと思います。

そのために、このメガスタディオンライン家庭教師をどうかご利用下さい。
日本のどこに住んでいても、最高レベルの指導を受けられます。

皆さんの成功をお祈りしています!
そのためにメガスタディオンラインの家庭教師がお役に立てれば幸いです。

私大受験専門 家庭教師の
メガスタディ オンライン
スタッフ 一同

未来を切り拓くため、志望大学に受かるため、
その第一歩として資料を請求する

お電話でのお問い合わせ・資料請求はこちら

浪人生応援キャンペーン
浪人生応援キャンペーン