大学受験専門 プロ家庭教師 メガスタディ オンライン

オンライン指導合格実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問よくあるご質問

高2・高1以下の方へ学校推薦型選抜・
総合型選抜対策
(旧推薦入試・AO入試)

新大学入試は推薦入試・
AO入試も変わる!
志望校に合格するための
推薦・AO対策とは?

いよいよ2021年入試より、新大学入試制度が実施されます。
これから大学受験を迎える高校生のなかには、「私たちの受験、どうなるの?」「志望校に合格するには何をすればいいの?」と不安を抱えている人も少なくないと思います。

このページでは、2021年入試から実施される新大学入試における推薦入試(学校推薦型選抜)・AO入試(総合型選抜)対策について、大学受験専門であるメガスタディから詳しくお伝えしていきます。

新大学入試では推薦・AOが増える?
私大は既に50%以上、国立大も30%以上に!

実は2021年の新大学入試では、学校推薦型選抜(従来の推薦入試)・総合型選抜(従来のAO入試)の枠が増えることが決まっています。

国立大学協会は2015年9月に策定した「国立大学の将来ビジョンに関するアクションプラン」の中で、2021年度入試までに推薦・AO入試、国際バカロレア入試等での入学定員の3割を目標に拡大することを公表しています。

また、文部科学省によると2018年度の大学入学者61万4243人のうち、推薦・AO入試経由の入学者は過去最高の45.2%にまで上りました。入試が大きく変わり、志願者の動向が不安定になっていく新大学入試下ではさらに推薦・AO入試の枠が増えていくことが予想されています。

ひと昔前までは特別枠という印象が強かった推薦入試・AO入試ですが、今では一般入試と並ぶ受験方式になっています。

この流れは今後も拡大していく見込みですので、2021年からの新大学入試では学校推薦型選抜(推薦入試)・総合型選抜(AO入試)も選択肢の1つとして考えておくといいかもしれません。

そもそも推薦・AO入試って何?どう変わるの?

一般入試とは別に近年よく耳にする推薦・AO入試ですが、一体どのような入試なのかよく知らないという方も多いと思います。

ここでは、2021年からの新大学入試における変更点も合わせて、簡単に推薦・AO入試についてご説明します。

高1からの成績(評定平均)が重要!
指定校推薦入試・公募推薦入試(学校推薦型選抜)

推薦入試には、主に下記の2種類があります。

なお、みなさんが対象となる2021年からの新大学入試では、指定校推薦入試・公募推薦入試は、「学校推薦型選抜」へと名称が変更されます。

さて、指定校推薦・公募推薦ともに、第一の関門は「評定平均」の壁です。
評定平均は出願条件の1つで、高校1年生の1学期~高校3年生の1学期(2期制の場合には前期)までの評定の平均値が大学側が定める基準に達していなければ出願できません。

また、単に大学が定める評定平均を超えているというだけでは学校推薦型選抜の枠は獲得できません。
なぜなら指定校推薦の場合には、自分が通っている高校が指定されていなければ、いくら成績が良くても出願できないからです。
また、指定校推薦の募集枠は各高校から1~3人程度の場合が多く、出願条件も厳しいので校内選考を通過することが第1条件となります。

公募推薦の場合にも評定の基準があり、また学校長から推薦をもらう必要があるので、指定校推薦と同様に高校での成績も重要となります。

さらに、新大学入試の指定校推薦・公募推薦(学校推薦型選抜)で評価の対象となるのは、評定だけではありません。

大学に提出する調査書の記載内容が変わり、評定だけでなく課外活動(部活動・ボランティア・留学・表彰歴など)も評価の対象となります。
また、選抜方法に学力の評価が必須となり、調査書などの出願書類以外に小論文やプレゼンテーション、大学入学共通テストなどが活用されます。

ですので、2021年からの学校推薦型選抜で志望校合格を目指すには、

など、早期から大学受験を意識して高校生活に臨む必要があります。

大学の学びへの意欲とアピール力が重要!AO入試(総合型選抜)

AO入試では、面接や小論文、学部・学科への適性、大学の学びへの意欲、志願理由などの要素を総合的に評価され、合否が決まります。

従来のAO入試では学力試験がなく、出願に必要な成績の基準も緩やかな大学が多いので近年人気が高まっている入試方式です。

しかし、2021年からの新大学入試ではAO入試は「総合型選抜」と名称を変え、学校推薦型選抜と同様に学力の評価が必須となり、選考には小論文やプレゼンテーション、大学入学共通テストなどが活用されます。

さらに、志願者本人の記載した「活動報告書」、「入学希望理由書」、「学修計画書」などを積極的に評価に活用することも決定しています。

ですので、みなさんが対象となる総合型選抜で合格を目指すには、

など、早期から行きたい大学を意識した行動をしていく必要があります。

推薦入試・AO入試の
主な変更点

①名称が変わる!
  • 2020年
    入試まで
  • 2021年
    入試から
  • 推薦入試
    (指定校推薦・
    公募制推薦など)
    学校推薦型
    選抜
  • AO入試
    総合型
    選抜

名称の変更に合わせて入試の内容に変更がある場合もありますので、志望校を決める際には各大学が出している最新の入試情報を確認してください。

②面接だけでは乗り切れない!学力の評価が必須に!
小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、各教科・科目に係るテスト、資格・検定試験の成績、大学入学共通テスト等のうち、少なくともいずれか1つを活用する評価が必須化されます。
③「学力の3要素」の重視により、評価の多様性が進む!

従来の推薦・AO入試からの変更点として、学校推薦型選抜では推薦書において本人の学習歴や活動歴を踏まえた「学力の3要素」に関する評価を記載すること、大学も選抜でその評価を活用することが必須化されます。
また、総合型選抜では、志願者本人の記載する資料(活動報告書、入学希望理由書、学修計画書など)の積極的に活用することが促されています。

これらによって、これからの大学入試では学習成績だけではなく、部活動やボランティア活動、留学、表彰歴などの課外活動が評価に活用される機会が多くなる見込みです。

④入試日程が後ろ倒しに
出願時期
合格発表
学校推薦型選抜
(旧推薦入試)
11月以降
11月以降
11月頃
12月以降
総合型選抜
(旧AO入試)
8月以降
9月以降
10月頃
11月以降

入試日程が後ろ倒しになることによって、学校推薦型選抜・総合型選抜を受験する場合にも、合否が分かる11~12月頃まで一般選抜(一般入試)を想定した対策を行う受験生が増える見込みです。

2021年入試の注意点①

大学によっては、学校推薦型選抜・総合型選抜に大学入学共通テストを課すけれど、合否には影響しないという大学もあります。志望校の発表する情報を確認して、自分の志望校では入試に対してどこまで対策する必要があるのかを確認しておく必要があります。

このように学校推薦型選抜・総合型選抜では、従来の推薦・AO入試以上に評定・学力・調査書など、多面的な評価基準となることが想定されます。

ですので、志望校合格を目指すには早いうちから大学受験を意識して学校の定期テストの対策や課外活動に励むことはもちろん、大学ではどんなことがやりたいのかを定め、志望校の入試に向けた対策を行うなど、個別の対策が必要となります。

推薦入試(学校推薦型選抜)・AO入試(総合型選抜)、
対策に困ったら…?

ここまでは、みなさんが対象となる新大学入試における推薦入試(学校推薦型選抜)・AO入試(総合型選抜)の変更点についてご説明しました。

では、新しく実施される学校推薦型選抜・総合型選抜に対して、どのように対策を進めていけばいいのでしょうか?

もし対策にお悩みの場合には、私たちメガスタディ オンラインを一度ご検討いただけませんか?

私たちメガスタディ オンラインは、日本最高レベルの合格実績を誇る大学受験専門のオンライン家庭教師です。

全国どこに住んでいても、駿台・河合塾・東進などの大手予備校や家庭教師専門として長年指導してきた大学受験のプロ講師からオンライン上で直接指導を受けることができます。

もちろん、学校推薦型選抜・総合型選抜の対策も、推薦・AO入試に実績のあるプロ講師が生徒さん一人ひとりの状況や志望校に合わせて、オンライン上で直接指導を行います。

また、入試本番への対策だけでなく、出願基準に達するための定期テスト対策や学校の授業のフォロー、英語4技能対策など、一人ひとりの状況に応じて対策を行います。

ですので、今後どのように対策を進めていくかを考える上でお役に立てると思います。

「学校推薦型選抜・総合型選抜の対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタディ オンラインの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討ください。お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。

まずは、メガスタディ オンライン

資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

メガスタディ オンライン
って何?

私たちメガスタディ オンラインを知らない方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に自己紹介をさせていただきますね。

日本最大級の合格実績!
大学受験専門オンライン家庭教師メガスタディとは?

メガスタディは、日本最大級の合格実績を誇る大学受験専門のオンライン家庭教師です。

私たちメガスタディは、受験激戦区・東京(首都圏)で創立以来20年以上、何千人もの生徒さんを逆転合格させてきました。

オンライン家庭教師というスタイルでも、対面の指導と全く同じその受験対策は日本全国の生徒さんを志望校に逆転合格させています。

下記では、メガスタディが多くの生徒さんに選ばれている理由をご紹介します。

このようにメガスタディ オンラインは、生徒さんの志望校や苦手科目に合わせ、大学受験専門のプロ講師が1対1のマンツーマン指導を行うことが大きな特徴です。

大学(学部)ごとに評定の基準や選抜内容も大きく異なる学校推薦型選抜・総合型選抜に対しても、一人ひとりの状況に合わせた専門対策を行います。

メガスタディの学校推薦型選抜(推薦)・
総合型選抜(AO入試)対策とは?

メガスタディ オンラインでは、生徒さん一人ひとりの学習状況や志望校の入試に合わせたその生徒さん専用の指導プランを考え、1対1のマンツーマン指導を行います。

具体的には、下記のような指導を行います。

ステップ指導開始前の面談で
「何が足りないのか」「どこが苦手なのか」を見抜きます

メガスタディでは、オンライン指導を始めるかどうかを決めていただく前に、大学受験専門の教務がオンラインで学習面談を行います。

この面談では生徒さんの模試やテストの結果を見させていただき、成績が伸びない原因を分析します。その上で、志望校に合格するための最適な対策をご提案します。

学校推薦型選抜(推薦入試)・総合型選抜(AO入試)で合格を目指す生徒さんの場合、まずは評定や英語外部試験などの出願基準を満たすことが何より重要です。

メガスタディでは大学受験のプロの目線で、「なぜ成績が伸びないのか」「定期テストで点数を伸ばすにはどのように勉強すればいいのか」など、出願基準をクリアし、志望校に合格するために必要な対策を細かく分析していきます。

ステップ出願条件をクリアし、合格するための指導プランを考えます

担当教務と講師は面談でお伺いした生徒さんの状況から、弱点はどこか、どんな対策が必要なのかを分析します。そして、出願・選考までの残り期間から逆算して、1人ひとりに合わせた指導プランを考えて指導します。

特に、学校推薦型選抜(推薦入試)・総合型選抜(AO入試)では、入試の内容が大学(学部)によってバラバラです。ですので、生徒さんの志望校の入試内容に合わせて、実績のある講師が専門の対策を行います。

さらに、実際に指導を開始した後は生徒さんの理解度やはかどり具合によって、臨機応変に学習プランを調整し、その生徒さんにとって最も効率よく成績を伸ばせる指導を行います。

慶應義塾大学(文)の自主応募推薦を目指す指導計画の一例

ステップ基礎の抜け・弱点を見抜き、
最短で克服します

当たり前ですが、基礎が身についていなければ応用問題は解けません。
特に定期テストで伸び悩んでいる生徒さんの場合、基礎のどこかに抜けがあり「勉強しても伸びない…」「授業についていけない…」という状況に苦しんでいる場合が多いです。

メガスタディ オンラインでは、指導を始める前に大学受験専門のプロ講師が生徒さん一人ひとりの状況をお伺いし弱点を見抜き、指導の計画を立てます。
もし土台となる基礎に抜けがあった場合には、ときには中学生の範囲にさかのぼって必要な知識に抜けがないよう指導します。

ステップ指導がない日の勉強内容も指示・管理します。
受験勉強のやり方を教えます

「指導のない日にはどうすればいいの?」と思われる方も多いと思います。

もちろん授業も大切ですが、短期間で出願に必要な成績まで伸ばすには授業以外の時間でどういうやり方で勉強するかが最も重要です。なぜなら、授業を受けている時間よりそれ以外の時間の方が圧倒的に多いからです。

また、勉強時間も大事ですが何より重要なのは勉強のやり方です。成績が伸び悩んでいる生徒さんのほとんどは、正しい勉強のやり方が分かっていません。

メガスタディでは、授業以外の時間で「何をやるか」「どうやって勉強するのか」も指示・管理していくので、授業以外の時間の勉強も圧倒的に効率が良くなりますし、密度も濃くなります。

ですので、家庭教師の授業そのものは週1~2回でも、短期間で成績を伸ばすことができるのです。

ステップ学校の進度に合わせた定期テスト対策を行います!

出願基準となる評定は、高校1年生~高校3年生の1学期までの評定の平均値です。
ですので、まず出願基準に達するためには、高校1年生の頃から定期テスト対策をしっかりと行い点数を上げていくのが最優先です。

メガスタディでは、通っている学校の授業進度やカリキュラムに合わせて定期テストの対策を行い、成績を伸ばしていきます。

さらに、提出物をきちんと出したり、授業に意欲的に取り組むことも重要です。

生徒さんの状況やご要望に合わせて、定期テスト以外にも宿題のフォローや学校で使用する教科書や教材を活用した授業の予習・復習など、成績アップの対策を行います。

ステップ推薦・AO入試に実績のある講師が、
入試の内容に沿った志望校対策を行います

学校推薦型選抜・総合型選抜の対策で多くの方が悩むのが、志願書や小論文、英語外部検定、面接などの志望校の入試対策だと思います。

せっかく評定などの厳しい出願条件をクリアして出願にこぎ着けられたにも関わらず、「何を対策すればいいのか分からない」「志願書の書き方が分からない」など、志望校の入試対策に悩み、ろくな対策もできないまま入試本番を迎えてしまう生徒さんは少なくありません。

特に、学校推薦型選抜・総合型選抜の場合、志願書や小論文、面接など自分では対策が難しい入試内容の場合が多いため、指導してくれる人が側にいるかどうかで結果が大きく変わります。

その点、メガスタディ オンラインのプロ家庭教師は、大学受験の専門家です。 ですので、学校推薦型選抜・総合型選抜など内容が特殊な入試の場合にも、推薦・AO入試に実績のあるプロの講師が生徒さんひとり一人の志望校の入試内容から逆算し、合格するために必要な志望校対策を行います。

メガスタディは、推薦入試・AO入試に実績のあるプロ講師が
志望大学(学部)の入試傾向に沿った指導を行います。

ステップご希望の場合には、併願の一般入試対策も行います

学校推薦型選抜・総合型選抜では、出願期間・合格発表などの入試日程が後ろ倒しになります。
そのため、従来の推薦・AO入試のように合否が分かってから一般入試の対策を始めていては現役合格には間に合いません。
学校推薦型選抜・総合型選抜を受験する場合には、並行して併願の一般入試対策を行うことが主流になるといえます。

メガスタディの場合には、ご希望があれば学校推薦型選抜・総合型選抜の対策と並行して、大学受験専門のプロ講師による一般入試の対策を行うことも可能です。

メガスタディのオンライン家庭教師ができること

私たちメガスタディ オンラインは、大学受験を知り尽くした日本最高レベルのトッププロ講師陣と、業界で最も手厚いサポート体制で、志望大学への逆転合格を全力でサポートします。

新大学入試
スタートダッシュキャンペーン!

2/29(土)までに
面談を受けて頂いた方限定!

2大特典プレゼント!
①特別優待割引券
2コマ分
②リスニング対策
「聴くトレ」

新大学入試対策は、
メガスタディにおまかせください!

2021年入試に向けて、
2/29(土)までスタートダッシュキャンペーン実施中!

現在、メガスタディでは2021年から新大学入試に挑む高校生を応援する
スタートダッシュキャンペーンを実施しています。

私たちメガスタディ オンラインは、大学受験専門のオンライン家庭教師です。
成績の届かない状況から志望校に合格させるノウハウを持っています。
ですので、新大学入試の対策を進める上で必ずお役に立てると思います。

  • 「新大学入試、どう対策すればいいのか分からない」
  • 「新入試の対策ができる塾・予備校が近くにない」
  • 「このままの勉強で合格できるのか不安」
  • 「届いていないけれど合格したい大学がある」

そんな不安を抱えている方は、私たちメガスタディ オンラインの詳しい資料をご請求ください。
お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません。)

無料資料請求
こちら

2/29(土)まで スタートダッシュキャンペーン

現在、メガスタディでは2021年から新大学入試に挑む高校生を応援する
スタートダッシュキャンペーンを実施しています。

2/29(土)までにご入会前の面談を受け
ご入会いただいた高校生限定で2つのプレゼント

お問合せの際に
「スタートダッシュキャンペーンを見た」とお伝えください!

①追加授業が2コマ無料
(最大36,400円オトク)

特別優待割引受講券プレゼント

「予定に空きができたから指導を追加したい」「模試の前に集中して指導を受けたい」など、指導を追加したいときにご利用いただける2コマ分の特別優待割引券です。

※訪問型指導の場合には、優待券は2コマではなく2時間分となります。

ご利用期限
発行日から6か月間
送付時期
指導開始後の2020年3月頃にメールでご案内いたします。
※訪問型指導の場合には、郵送でお送りします。

②新大学入試対応!
英語のリスニング対策に!

英語がスラスラ
聞き取れるようになる
音声講座「聴くトレ」
(19,800円相当)プレゼント!

大学入学共通テストの英語では、リスニングの配点が200点中100点と配点の半分を占める重要分野となります。 この「聴くトレ」は、そんな2021年以降の新大学入試で求められる”リスニング力”を効率よく伸ばすために作られた音声講座です。 大学入試に頻出の5つのテーマの英文を収録しました。「聴くトレ」で勉強すれば、大学入試レベルのリスニングはしっかり聞き取れるようになります。

2021年3月まで、パソコンやスマートフォン、タブレットから何度でも受講頂けます。 ※テキストは画面上からダウンロードできます。

視聴期限
2021年3月31日
収録内容
音声講座(全5テーマ)、テキスト(全5講)
受講方法
学習サイト「スタディ・タウン」へログインをして、マイページより受講いただきます。(ご入会後、翌月中に受講案内をメールでお送り致します。)

◆注意事項 ※お問合せの際に「スタートダッシュキャンペーンを見た」とお伝えください。お申し出がなかった場合には、キャンペーン対象として確認ができないため特典をお付けすることができません。 ※特別優待割引券は、追加授業のみにご利用いただけます。通常の月謝の割引にはご利用いただけません。 ※訪問型指導をご希望の場合には、優待券は2コマではなく2時間分となります。また、メール送付ではなく郵   送でのご案内となります。 ※「聴くトレ」の受講には、学習サイト「スタディ・タウン」のアカウント登録(無料)が必要となります。特典のお届けにあたり、メガスタディがお客様のアカウントを発行させていただきメールで受講方法をご案内させていただきます。

安心の返金保証付きお試し授業 実施中! 安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

まずは資料をご請求ください

2021年以降の新大学入試の対象となる方は、きっと多くの不安を抱えていると思います。
しかし、自分の志望校の入試の情報をいち早く知り、志望校の入試傾向に合わせて、きちんと対策を行うことができれば、たとえ偏差値の届いていない状況からでも合格を叶えることは可能です。

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、受験勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、志望校に合格できる可能性は非常に高まります。 メガスタディ オンラインは、大学受験を知り尽くした日本最高レベルのトッププロ講師陣と、業界で最も手厚いサポート体制で、志望大学への逆転合格を全力でサポートします。

そんな悩みを抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。もしお急ぎの場合には、直接お電話での学習相談も承っております。
最後までお読みいただきありがとうございました。合格を目指してぜひ一緒にがんばりましょう!

志望校合格のために全力を尽くします!
新大学入試への対策も
メガスタディ オンラインに
おまかせください!!

安心の返金保証付きお試し授業 実施中!安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

メガスタディ公式LINE 友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼントメガスタディ公式LINE 友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント