家庭教師に聞いた明治大学 数学対策(松本講師)

詳細な史実が頭に入りやすい

こんにちは、メガスタディです。

この記事では、明治大学の数学対策について、メガスタディの講師である松本講師に解説していただきました。

ぜひ参考にしていってください。


明治大学に不合格になる人の勉強方法の特徴について教えてください。

明治大学に不合格になる人の特徴として、本番を想定した時間配分が適切にできていないことが挙げられます。

また、明治大学で出題される問題のレベルは標準的なもののため、定石問題の演習量が足りていない受験生は不合格になるでしょう。


明治大学の数学の特徴について教えてください。


明治大学の数学は、大問4題・試験時間80分の試験形式です。

大問1がマークシート形式、大問2、3が記述穴埋め、大問4が途中経過も求められる記述式での出題になっており、毎年数ⅠA・数ⅡB・数Ⅲすべてから構成されます。

傾向としては微積分・図形と式・ベクトル(平面・空間共に)の出題頻度が高いです。


明治大学の数学の対策について教えてください。


頻出分野である微積分・図形と式・ベクトルについては、基礎から応用レベルまで問題集を用いて、記述でしっかりと脈絡を追って解答できるように対策しておく必要があります。

また上記分野についてはただ解くだけではなく、考え方や『どういう思考でこの式を立式したのか』をきちんと整理し、繰り返し確認することが効果的です。

計算についても最後まで解ききる力はすぐには定着しないので、日頃から億劫な計算も避けずに時間をかけて取り組むことが大切です。


明治大学の数学対策におすすめの参考書(アプリ・サイトなど)はありますか?

標準的な問題が大半を占めるため、教科書の章末レベルの問題が難なく解けることはまず前提ですが、

微積分・図形と式・ベクトルについては定石を活かした応用問題についてアプローチの学べる『数学実戦演習(駿台受験シリーズ)』を使って対策するのがお勧めです。

また試験時間的にも詰まってしまうと大きく失点することが考えられるため、過去問演習を繰り返し、思考が詰まった場合の対応に慣れておくことが重要です。


明治大学の数学対策をする場合、どのような指導を想定できますか?

大問4は途中経過も求められる記述式のため、日頃から減点されない答案の作成練習をしておく必要があります。

アプローチが一通りではない数学は、参考書の解説だけが解答ではないため、

プロ家庭教師に添削してもらうことで自分の思考のプロセスがどこまであっていたのか、

また“自分の立式の何が間違えていたのか”を常に確認でき、総合力を養うことができると考えられます。


最後に明治大学を志望する受験生へメッセージをお願いいたします。

明治大学の数学は幅広い分野から様々な形式で出題されます。

そのため対策に必要な問題量が多いように感じますが、日頃から各分野について様々なアプローチを磨いておけば対応することは可能です。

プロ家庭教師から数学の記述添削や別解の解説を日頃から受けることで、本番で動じない柔軟な数学力を身に付け、明治大学の合格を掴み取りましょう。


偏差値40台から目指す
早慶GMARCH講座

  • ・偏差値を30伸ばし早稲田に合格した生徒さんの事例
  • ・元代ゼミ講師が語る難関私大対策(無料プレゼント)
  • ・知らないと損する、1ランク上の志望校対策
  • など、難関私大に合格するための考え方・テクニックをお伝えします。下記より無料でご登録下さい。

    メールアドレス※

私大受験専門プロ家庭教師が模試E判定からでも第一志望校に合格させます!!

お電話でのお問い合わせ・資料請求はこちら

返金保証のお知らせ!

まずは無料の資料請求から
大学受験に役立つ情報満載!
入試傾向&対策 完全攻略本
22大学・223学部を完全網羅
逆転合格の秘訣が分かるパンフレット
合格体験記(120P超)
プロ家庭教師ができること
オンライン指導の秘密を解説
私大医学部受験専門のオンライン家庭教師はこちら AKB48前田彩佳さんが大学受験に挑戦!

オンライン指導に
ご興味ある方、不明点のある方へ
まずは資料請求・
お問い合わせください

私大受験専門プロ家庭教師が模試E判定からでも第一志望校に合格させます!!

お電話でのお問い合わせ・資料請求はこちら