保坂講師

保坂講師が語る
上智大学の
日本史対策

上智大学に不合格になる人の勉強方法の特徴について教えてください。
教科書の範囲内の知識を確実に定着させるための勉強ができているどうか。一問一答で暗記するだけの学習では対応できない。通常の学習において一つ一つの史実を確実に理解し定着させているか。また史料集や図表集を十分活用しているかどうか。これら点のできていない受験生は合格点は取れない。また知識が定着しても早く正確に解答できるかどうか。問題量も多く出題形式が複雑な問題も含んでいるので、過去問などを通して十分に訓練していないと合格点はとれない。
上智大学の日本史の特徴について教えてください。
大問40題、設問数は90~100問程度。すべてマ-ク法で空欄補充・一行問題・正誤判定・が中心であるが、一部に出題形式の複雑な大問も含んでいることがある。原始~現代までまんべんなく出題され、〔1〕原始古代、〔2〕中世、〔3〕近世、〔4〕近現代で構成されているが、一部複数の時代にまたがった出題もある。分野では政治史が目立つが、各分野からまんべんなく出されている。また文化史で大問1題を形成している場合に難易度が高いことが多い。史料問題は必出で、『詳説日本史史料集』(山川出版)に掲載されている頻出史料が多く、一部に空欄補充や内容把握の設問も見られる。また『詳説日本史図録』(山川出版)掲載の地図・系図を用いた問題も見られる。一部難問もあるが、教科書レベルの問題が大半を占めている。設問数が多かったり、複雑な出題形式を含んでいることもあり、時間が足りないということもあり得る。
上智大学の日本史の対策について教えてください。
①大学入試問題集を利用して教科書レベルの知識を徹底的に修得する。この際、史料集・図表集は活用すること。直前期に一問一答式問題集で用語の確認をする。 ②史料については、教科書掲載の史料をしっかり学習し空欄補充や内容把握に対応できるようにする。 ③『詳説日本史図録』(山川出版)掲載の地図・系図・年表・表解に関連した問題も見られるので、十分に活用すること。たとえば2014年2月4日試験の〔1〕令外官の出題は『詳説日本史図録』(山川出版)掲載の令外官の表を見ていれば満点取れる問題でした。 ④旧石器から古墳時代の遺跡、古代から近世の文化事象(時期の識別)、系図に出てくる人物の事績などは繰り返し出題されているので整理しておくと良い。 ④本学は問題量が多いこと、複雑な出題形式が含まれていることなどから、時間が足りなくなる可能性がある。学部に関係なく過去問を使って、早く正確に要領よく解答する訓練をつむことも必要。
上智大学の日本史対策におすすめの参考書(アプリ・サイトなど)はありますか?
『実力をつける日本史100題』(学力増進会) 『日本史問題精講』(旺文社) 『日本史問題集完全版』(東進ブックス) 『徹底攻略!GMARCHの日本史』(駿台文庫) 『一問一答日本史Bタ――ゲット4000』(旺文社) 『詳説日本史史料集』(山川出版) 『詳説日本史図録』(山川出版)
上智大学の日本史対策をする場合、どのような指導を想定できますか?
①基礎学力がない場合 本学の出題の基礎的・標準的な内容多いので、合格点確保のための基礎学力を確実に定着させるために、原始・古代から現代までの通史を講義→演習→確認を繰り返し指導する。その際、史料・図表をフルに活用し入試問題に対応させる。 ②基礎学力がある場合  学部に関係なくできるだけ多くの過去問を解かせ、解説するとともに間違えた箇所を整理し理解させるとともに、徹底的に反復させる。また複雑な出題形式に対応させるために解答方法・考える手順を示す。さらによく出る内容(遺跡・文化事象など)について整理させる。
最後に上智大学を志望する受験生へメッセージをお願いいたします。
 本学の特色として問題量が多いこと、複雑な出題形式があることである。一人で学習して基礎学力をつけることは可能だが、この二点に対する対応は、上智大学の出題を熟知しているプロ家庭教師(学生ではない)の指導を受けないと解決しにくいと思われる。またよく出題される内容についても確実に示すことができる。また本学の傾向というのは予想しやすく、プロ家庭教師(学生ではない)にとっては、直前期に出やすい内容など示しやすい大学の一つであり、最近では京都の地図・五摂家の系図の出題などメガスタディの講師は予想しあてている。

私大受験専門プロ家庭教師が模試E判定からでも第一志望校に合格させます!!

お電話でのお問い合わせ・資料請求はこちら

E判定からどうして早慶に!?