大学受験専門 プロ家庭教師 メガスタディ オンライン

オンライン指導合格実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問よくあるご質問

偏差値40台からでも
慶應義塾大学合格できます!
残り120日で間に合わせます!
家庭教師メガスタディ オンライン
慶應義塾大学 入試傾向・対策ページ

慶應義塾大学受験に役に立つ情報をお届けします!

慶應義塾大学のレベルに届いていない方へ

慶應義塾大学は、日本トップレベルの難易度の最難関私立大学の1つです。偏差値70前後、受験生の上位3%しか、その入試を突破できません。

慶應義塾大学を目指している受験生の中には、合格になかなか届かず悩んでいる人も多いと思います。

メガスタディオンラインは、慶應義塾大学へ合格させるノウハウがあるオンライン家庭教師集団です。
毎年、多くの受験生を偏差値の届かない状況から、慶應義塾大学へ合格させています。

このページでは、慶應義塾大学の「入試傾向と対策」を学部別・科目別に詳しくご紹介していきます。
慶應義塾大学に合格するためにぜひ役立ててください。

慶應義塾大学に合格するための3つのポイント

1.「英語」が合否を分ける

慶應義塾大学に合格するためには、「英語」から逃げることはできません。

特に文系学部は、英語の配点が圧倒的に高いので、英語の出来が合否を分けます。

さらに言うと、慶應義塾大学の英語では、「長文読解」が合否を分けます。

なぜなら、文学部、医学部、薬学部、環境情報学部、総合政策学部では、全大問が長文読解だからです。他の学部でも、英語の入試問題の7割以上が長文読解となっています。

ですので、長文読解の対策なしには、慶應に合格することはできません。

さらに、文学部に代表される「超長文」や、読解内容に対する意見論述など、慶應特有の問題も出題されるため、慶應義塾大学の場合には、模試で英語の偏差値が高い受験生でも、合格点を取れるとは限りません。

裏を返すと、たとえ偏差値が届いていなかったとしても、慶應義塾大学の英語に特化した対策を重ねることで、入試本番で合格点を取ることは可能です。

2.小論文はパターンを理解することが重要

慶應義塾大学では、私立大学の中では珍しく、小論文が入試科目に課されています。

この小論文は、学部によって出題傾向が大きく異なっており、その学部の特徴がよく現れる内容となっています。

たとえば、商学部や経済学部では、経済・経営的な内容が頻出で、数学的な知識や計算が求められることも多いです。

また、環境情報学部では、アイデアを具体化する力が問われ、物語の創作や描図が求められることもあります。

ですので、自分が受ける学部の過去の出題傾向を分析し、演習を重ねることが合格を近づけます。

3.慶應義塾大学は、学部ごとに
出題傾向が異なる!

多くの予備校には「早慶クラス(コース)」というものがありますが、そもそも早稲田大学、慶應義塾大学では、それぞれ入試の内容は全く違います。

ですので、慶應義塾大学に特化した対策をしようとしたら、「早慶」と、ひとくくりにすることは絶対にできません。

さらに、一口に「慶應義塾大学」といっても、入試問題は学部ごとに特色があり、自分が受ける学部の入試傾向に即した対策が必要ということをご存知でしょうか?

同じ慶應義塾大学でも、学部ごとに出題傾向は全く異なります。

× 多くの受験生(受からない) → 「早慶」「慶應」と大ざっぱにくくって対策
◎慶應義塾大学に受かる受験生 → 慶應義塾大学の学部別の傾向に即して対策

元から偏差値が70前後あり、基礎も応用も身についている生徒さんは構わないのですが、偏差値50台40台の生徒さんは、他の受験生と同じように普通に勉強していては、慶應義塾大学には合格できません。

反対に、自分の受ける学部の問題傾向に沿った対策ができていれば、たとえ偏差値が届いていなくても、慶應義塾大学に合格することは十分可能です。

ここから先は、慶應義塾大学の入試傾向や対策を 学部別・科目別に紹介しています。
慶應義塾大学を目指す 受験生の皆さんはぜひ参考にして、大学入試を有利に進めてください。

慶應義塾大学
学部別・科目別 入試傾向と対策

ここでは、慶應義塾大学の各科目の傾向と対策について解説します。
同じ慶應義塾でも、学部ごとに出題傾向・試験時間・大問数・設問の種類が異なります。
受験勉強を始める前にしっかりと自分の志望校の傾向を確認しておきましょう。

慶應義塾大学 逆転合格体験記

塾・予備校では実現できない逆転合格、
ほんの一例をご紹介!9割以上が
偏差値40台以下からの 慶應義塾合格です!

「E判定からでも慶應義塾に合格できるの?」「偏差値40台からでも逆転合格可能なの?」そんな不安を抱えている方へ。

先輩の声が何よりの証拠です。慶應義塾大学に合格した先輩方の体験談をご確認ください。

論より証拠!
先輩たちの体験談はこちら

塾・予備校では叶えられない慶應義塾合格を
家庭教師で叶えてください!

塾・予備校の場合、生徒数が圧倒的に多い(大手は数万人規模)のはご存知の通りです。
ですので、必然的に慶應の合格者数も多くなります。
ですが、塾・予備校全体で考えれば、慶應に受からない生徒さんの数のほうが圧倒的に多いわけです。

また、慶應を含めて難関校に受かるのは、元から優秀だった生徒がほとんどです。

大半の生徒は、その生徒さんの偏差値なりの大学にしか受かりません。

そもそも、塾・予備校は基本的に集団授業なので、授業自体では差がつきづらいのです。逆転合格もほとんど起きません。

逆に、メガスタディでは、慶應義塾に受かった生徒さんのほぼ100%が、指導スタート時は慶應義塾に届いていません。

9割以上が偏差値55未満の生徒さん(40台の生徒さんも大勢いました)です。

もし皆さんが偏差値60以上あるのであれば、塾・予備校をお選びいただいて構いません。
そうでなく、慶應義塾に届いていなければ、1対1のマンツーマンで慶應専門の対策ができる家庭教師をご検討いただければと思います。

でも、慶應義塾大学の傾向に沿った対策とは、一体どのように進めればいいのでしょうか?

そんな分析、自分一人では到底できませんよね。
もし慶應義塾大学の対策に悩んでいるなら、“慶應義塾に合格させるプロ家庭教師”にお任せください。

メガスタディ オンラインのプロ家庭教師は、慶應義塾大学の学部別の傾向を熟知した、“慶應義塾に合格させるプロ”です。

慶應義塾大学の入試傾向と対策法を知り尽くしているプロ家庭教師だからこそ、みなさんを慶應義塾合格へ引き上げます。

地方の受験生も、実績豊富な
慶應義塾対策のプロの指導を受けられます!

慶應を目指す受験生であれば、「慶應に実績がある先生の指導を受けたい」と思うのは当然ですよね。

ですが、日本最難関クラスの私大である慶應に合格させられる実力のある先生は、あまりいません。
地方ならなおさらです。

東京(首都圏)と比べると、そうした講師に出会える確率は圧倒的に低くなります。

家庭教師メガスタディのオンライン指導であれば、日本全国どこに住んでいても、慶應に合格実績のある、日本最高レベルのプロ講師の指導をマンツーマンで受けることができます。

その指導を受けていただき、大学受験を有利に進めていただきたいと思います。

慶應義塾大学を目指す方へ
まずは無料の資料をご請求いただくか、
お問い合わせください!

最後までお読みいただきありがとうございました。
家庭教師メガスタディオンラインの慶應義塾対策にご興味をお持ちいただいた方は、まずはメガスタディの詳しい資料(無料)をご請求ください。 お急ぎの方、ご質問などある方は、下記のフリーダイヤルよりお問い合わせいただくこともできます。(慶應義塾対策に詳しい教務担当が親身にご対応させていただきます。)

安心の返金保証付きお試し授業 実施中!安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

メガスタディ公式LINE 友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼントメガスタディ公式LINE 友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント