大学受験専門 プロ家庭教師 メガスタディ オンライン

オンライン指導合格実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問よくあるご質問

偏差値40台からでも
MARCH合格できます!
残り120日で間に合わせます!
家庭教師メガスタディ オンライン
MARCH 入試傾向・対策ページ

MARCH受験に役に立つ情報をお届けします!

MARCHのレベルに届いていない方へ

メガスタディオンラインのMARCH入試傾向・対策ページにお越し頂きありがとうございます。

当会の大学受験専門のトッププロ家庭教師には、偏差値が届いていない状況からでもMARCHに合格させるノウハウがあります。

このページでは、MARCHに合格するためのポイントや傾向・対策を大学ごとにご紹介していきます。MARCHに合格するためにぜひ役立ててください。

MARCHに合格するための3つのポイント

1.「英語」、特に「長文読解」を克服する

MARCHの場合、「英語」が合否を分けるといっても過言ではありません。

なぜなら、英語は配点が高く、対策が難しい「差がつきやすい科目だから」です。 MARCHでは、多くの大学・学部で、英語の配点がその他の科目の1.5倍~2倍となっています。

ですので、英語で点数を大きく落としてしまうと、他の科目で挽回することが難しいのです。 反対に、英語で点数が取れていれば、他の科目で多少ミスをしても、挽回することができます。

さらに、MARCHの英語は、長文読解が出題の約7割を占めているので、長文読解対策をしっかりしておくことで、合格できる可能性はグンと上がります。

しかし、志望校に成績が届かない生徒さんのほとんどは、そもそも、「何を」「どうやって」勉強すれば長文が読めるようになるのかを知りません。

メガスタディでは、大学受験専門のプロ講師がマンツーマン指導の中で、長文をスラスラ読めるようにして、英語で合格点を取れるようにしていきます。

2.入りたい大学・学部の傾向に沿って対策する

「MARCHだからといってもどこでもいいわけではない!」「入りたい大学・学部ははっきりしている!」という方は、自分の受ける大学・学部の入試傾向を分析し、傾向に沿った対策をすることが合格をグンと近づけます。

なぜなら、各大学・学部の入試傾向は、毎年ほとんど変わらず、ワンパターンだからです。

たとえば、明治大学の商学部の英語では、大問1が文法・語彙、大問2が会話文、大問3・4が長文読解というのが、例年のパターンです。
また、記述は語形変化くらいしか出題されていないことから、英作文や英文和訳といった本格的な記述の対策は、不要だということが分かります。

このように、志望大学・学部の例年の傾向が分かっていれば、「出るところ」に絞って、効率的に受験勉強を進めることができます。

3. 入りやすい大学・学部を選ぶ

「どこでもいいからとりあえずMARCHに入りたい!」「本命は決まっているけれど、併願は入りやすいところにしたい!」という方は、MARCHの中で入りやすい大学・学部を選ぶことが重要です。

なぜなら、MARCHの中でも大学・学部によって、偏差値や入試科目に差があるからです。

たとえば、立教大学の異文化コミュニケーション学部の個別日程の偏差値は65ですが、対して法政大学の生命科学部の環境応用化学科のA方式の偏差値は52.5です。偏差値で比べると、12.5も差があります。
また、私立大学は3科目入試が一般的ですが、中央大学の総合政策学部の一般入試は国語と英語の2科目、法政大学のT日程は、英語と国語もしくは数学の2科目で受験することができます。

このように、MARCHの中でも、大学・学部や入試方式に差があるので、「どうしてもMARCHに入りたい!」という受験生は、入れそうな大学・学部を受けるというのも、戦略の1つです。

メガスタディでは、生徒さんの得意科目や志望大学・学部群に合わせた志望校選びもサポートしています。このようにMARCHに合格するには、MARCHの入試について知っていること、「情報」がとても重要です。

志望する大学や学部の特徴、受験方式はもちろん、知らないと損をする入試制度や入試の傾向などもたくさん存在します。その点、メガスタディのトッププロ家庭教師は、MARCHの各大学・学部の特徴や傾向、合格するための対策などを知り尽くした“大学受験の専門家“です。

ですので、生徒さんの弱点と志望校の出題傾向に沿って対策を行い、成績の届いていない状況からMARCHに合格させます。

ここから先は、MARCHの入試傾向や対策を 学部別・科目別に紹介しています。
MARCHを目指す 受験生の皆さんはぜひ参考にして、大学入試を有利に進めてください。

MARCH
学部別・科目別 入試傾向と対策

ここでは、MARCHの各大学の入試問題について、それぞれ学部別・科目別に傾向と対策ポイントを解説しています。

「どんな問題がよく出るのか」「時間配分」「合否を分ける問題」など、各大学の入試問題で合格点を取るためのポイントを紹介していますので、ぜひお役立てください。

MARCH 逆転合格体験記

塾・予備校では実現できない逆転合格、
ほんの一例をご紹介!9割以上が
偏差値40台以下からの MARCH合格です!

「E判定からでもMARCHに合格できるの?」「偏差値40台からでも逆転合格可能なの?」そんな不安を抱えている方へ。

オンライン家庭教師で学んだ先輩の声が何よりの証拠です。
MARCHに合格を果たした先輩方の体験談をご確認ください。

論より証拠!
先輩たちの体験談はこちら

塾・予備校では叶えられないMARCH合格を
家庭教師で叶えてください!

塾・予備校の場合、生徒数が圧倒的に多い(大手は数万人規模)のはご存知の通りです。
ですので、必然的にMARCHの合格者数も多くなります。
ですが、塾・予備校全体で考えれば、MARCHに受からない生徒さんの数のほうが圧倒的に多いのです。

また、MARCHを含めて難関校に受かるのは、元から優秀だった生徒がほとんどです。
大半の生徒は、その生徒さんの偏差値なりの大学にしか受かりません。
そもそも、塾・予備校は基本的に集団授業なので、授業自体では差がつきづらいのです。逆転合格もほとんど起きません。

逆に、メガスタディでは、MARCHに受かった生徒さんのほぼ100%が、指導スタート時は成績が届いていません。9割以上が偏差値55未満の生徒さん(40台の生徒さんも大勢いました)です。

もし皆さんが偏差値60以上あるのであれば、塾・予備校をお選びいただいて構いません。そうでなく、MARCHに成績が届いていないのであれば、ぜひメガスタディをご検討いただければと思います。

でも、MARCHの傾向に沿った対策とは、一体どのように進めればいいのでしょうか?

そんな分析、自分一人では到底できませんよね。
もしMARCHの対策に悩んでいるなら、“MARCHに合格させるプロ家庭教師”にお任せください。

メガスタディ オンラインのプロ家庭教師は、MARCHの学部別の傾向を熟知した、“MARCHに合格させるプロ”です。

MARCHの入試傾向と対策法を知り尽くしているプロ家庭教師だからこそ、みなさんをMARCH合格へ引き上げます。

地方の受験生も、実績豊富な
MARCH対策のプロの指導を受けられます!

MARCH合格を目指す受験生であれば、「MARCHに合格させた実績がたくさんある先生の指導を受けたい」と思うのは当然ですよね。

しかし、地方の場合、MARCHに合格させた実績が豊富な講師自体があまりいません。東京(首都圏)と比べると、そうした講師に出会える確率は圧倒的に低くなります。

家庭教師メガスタディのオンライン指導であれば、日本全国どこに住んでいても、MARCHに合格させた実績がたくさんある、日本最高レベルのプロ家庭教師の指導をマンツーマンで受けることができます。

成績が届いていない状況からMARCHへの逆転合格を目指す受験生は、その指導を受けていただき、大学受験を有利に進めていただきたいと思います。

MARCHを目指す方へ
まずは無料の資料をご請求いただくか、
お問い合わせください!

最後までお読みいただきありがとうございました。
家庭教師メガスタディオンラインのMARCH対策にご興味をお持ちいただいた方は、まずはメガスタディの詳しい資料(無料)をご請求ください。 お急ぎの方、ご質問などある方は、下記のフリーダイヤルよりお問い合わせいただくこともできます。(MARCH対策に詳しい教務担当が親身にご対応させていただきます。)

安心の返金保証付きお試し授業 実施中!安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

メガスタディ公式LINE 友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼントメガスタディ公式LINE 友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント