保坂講師

保坂講師が語る
立教大学の
学部別日本史対策

経済学部・法学部・観光学部(観光)・コミュニティ福祉学部(スポ-ツウエルネス) ・異文化コミュニケーション学部
大問2題、設問数50~60問程度で記述法とマ-ク式の併用でその割合はマ-ク式がやや多い程度。記述法は空欄補充と一行問題、マ-ク式は空欄補充・一行問題に加えて近年は正誤判定が増えている。また年代配列も必ず出題されている。原始から近現代まで幅広く出題されており、複数の時代にまたがるテ-マ別の通史問題が多い。近世・近現代の出題の比重が大きい。分野も政治・外交・社会経済・文化とまんべんなく出題されており、「『太平記』に見る史料批判」「朝河貫一の刃部史」など一風かわったテ-マも見られる。史料はリ-ド文の中での引用あるいは設問において毎年使用されているが、教科書や『詳説日本史史料集』(山川出版)に掲載されている頻出史料が多い。また地図・美術作品・図版・グラフなどを用いた設問も見られる。教科書に掲載されている標準的な設問が多く、年代配列・正誤判定の一部にやや詳細な内容がふくまれていることがある。また近現代を中心に若干の難問も見られる。
社会学部・観光学部(交流文化)・コミュニティ福祉学部(コミュニティ政策・福祉)・経営学部・現代心理学部
大問2題で設問数は50問程度で記述法とマ-ク式併用でその割合はほぼ同じ。記述法は空欄補充と一行問題、マ-ク式は空欄補充と正誤判定問題が多い。年代配列も必出。時代では全時代からの出題で戦後史は出題されている。また近世・近現代の割合が多い。分野でもまんべんなく出題されている。複数の時代にまたがるテ-マ史が大半を占めている。租税史・仏教史・日朝関係史など一般的な内容から、自然関係への対処、ハンセン病の歴史など異質なテ-マも見られる。史料はほとんど出題されていないが、基本史料を中心にリ-ド文に引用されたり、設問に利用されることはある。図版・美術作品を利用した問題も見られる。一部詳細な内容が見られるが、全体的には標準的な問題。一部、近現代を中心に難問が出題されることがある。
文学部
大問2題で設問数は55問前後で、記述法とマ-ク式を併用。記述法は空欄補充中心、マ-ク式は一行問題・正誤判定問題が中心。全時代・全分野からまんべんなく出題されているが近現代の比重が高い。複数の時代にまたがるテ-マ史が出題され、政治・外交を柱としてそれに社会経済史を加えたり、文化を関連づける問題構成が多い。史料はリ-ド文に引用されるか、設問に多少用いられる程度でまったく使用されない年もある。史料は基本史料が多く、その重要な部分を学習しておけば対応できる程度である。平易な問題が多く教科書レベル標準的な問題である。
全学部日程
大問3題で設問数は50問制度、記述法・マ-ク式併用で、記述法がやや多い。記述法は空欄補充が中心、マ-ク法は正誤判定が中心の出題となっている。全分野・全時代から出題であるが、近現代の比重が高い。複数にまたがるテ-マ史が多く、貨幣・民衆思想など一般的なものも多いが、木材需要などのように異質なテ-マも出題されている。史料・図版などの出題も近年はほとんどない。一部近現代に難問は見られるが全体的には標準的な問題である。

私大受験専門プロ家庭教師が模試E判定からでも第一志望校に合格させます!!

お電話でのお問い合わせ・資料請求はこちら

E判定からどうして早慶に!?