保坂講師

保坂講師が語る
早稲田大学の
日本史対策

早稲田大学に不合格になる人の勉強方法の特徴について教えてください。
私大の日本史の中でも難しいと言われていることもあり、細かな知識に注意を払いすぎてしまい、基本事項をおろそかにする受験生は合格できない。 また、歴史事象の背景や因果関係を十分に理解せずに、暗記に重点を置く学習を行う受験生は思考力をつけることができず、早稲田大学の問題に対応できない。
早稲田の日本史の特徴について教えてください。
①近現代の問題の出題量が他の大学に比べても群を抜いており、質の点でも内容の濃いものが多く、政治・外交・社会経済はもとより、思想や生活文化の出題も見られる。 ②正誤判定問題、史料問題(とくに初見史料)が多くみられ、合否を分けるといっても過言でない。 ③高等学校で使用している教科書・図録・史料集だけでは解答できない難問が見られるが、そのほとんどが『日本史用語集』(山川出版社)に掲載されている。 ④早稲田大学の創設にかかわった人、教授・卒業生などの大学関連人物からの出題が多く見られる。
早稲田の日本史の対策について教えてください。
①歴史事項の内容をできるたけ具体的に理解する。ばらばらに暗記するのではなく、事項を関連づけて理解し覚えることで、整理された知識として使えるようにする。 ②正誤判定問題の対応として、まず事項に対して正確な時期設定ができること。次に紛らわしい用語や事項を確認すること。最後に歴史事象の因果関係を正確に把握しておくことが挙げられる。 ③近現代史の対策として、事項と事項の関連性を理解し、歴史の大きな流れをとらえることが大切。 ④史料対策として、まず入試頻出の基本史料について必要な知識を身につけておくこと。次に初見史料について過去問などを用いて問題演習を行い慣れておくこと。 ⑤過去問の中から頻度の高いテ-マを整理しておくこと。 ⑥一部の学部については論述対策も必要。過去問などを使って実際に書いて高校・予備校・家庭教師の先生に添削指導を受けることをすすめる。 ⑦学部に関係なく、早稲田大学の過去問をたくさん解くこと。同じ内容がかなり重複してきます。
早稲田の日本史対策におすすめの参考書(アプリ・サイトなど)はありますか?
『日本史用語集』(山川出版社) 『詳説日本史史料集』(山川出版社) 『実力をつける日本史100題』(増進会出版社) 『標準日本史問題精講』(旺文社) 『早稲田大学入試対策用日本史問題集』(山川出版社) 『早稲田の日本史』(教学社) 『早稲田大日本史』(河合塾)
早稲田の日本史対策をする場合、どのような指導を想定できますか?
①基礎学力のない生徒の場合  暗記に終始せず、重要かつ基本的な歴史事象の背景や因果関係を十分に理解させるための通史指導を行います。開始時期によっては近現代を中心に行うこともあります。 ②基礎学力がある生徒の場合  早稲田大学の過去問を使い、問題の考え方を指導します。解答時に必要な史実が思い出せない場合、いかに解答するか、また難問に当たった時にどのように対応するか、確実に90点を獲得するための指導をします。この技術は受験生一人で学習することは難しいと思われます。
最後に早稲田大学を志望する受験生へメッセージをお願いいたします。
早稲田大学に合格するために敵(出題傾向)を知り、十分な対策をする必要があります。しかし入試までの時間は限られています。早稲田大学に合格するために何をどのように学び必要な知識を確実に修得するか。解答する上でのテクニックにはどのようなものがあるか。など受験生一人では解決できない問題をプロ家庭教師(学生ではない)にお任せください。少なくとも20年以上の早稲田大学の過去問を知り尽くしているプロの家庭教師(学生ではない)の指導を受けることで、確実に合格点に結びつけることができます。

私大受験専門プロ家庭教師が模試E判定からでも第一志望校に合格させます!!

お電話でのお問い合わせ・資料請求はこちら

E判定からどうして早慶に!?